Créer mon blog M'identifier

最強レーザーポインター

Le 13 mars 2015, 10:01 dans Humeurs 0

473nmブルー、633nmのオレンジ-レッド、594nmのイエロ-オレンジなど広い世界には色々な波長の超高出力グリーンレーザーポインターは存在します。
しかしながらどれもグリーンよりも大変高価で、大きく、且つ出力が不安定と言う弱点があります。
しかも人間の目は555nmを一番明るく感じるので、それらのレーザーポインターは高価で大きく、不安定で見辛いと言う欠点ばかりの商品となってしまいます。
その為、違う色の波長が出ると言う事で興味は持たれていますが、だからと言って確固たる需要が無いのが現状です。
技術向上による品質アップ・コストダウンの実現や、何らかの確固たる需要、アプリケーションが発見されれば、今後身近な所にお目見えするかもしれません。

■Q)もっとビーム径が大きい(もしくは小さい)レーザーポインターはありますか?

■Q)工業用途などで使えるタフなレーザーポインターはありますか?

■Q)長時間使用できるレーザーポインター 強力はありますか?

■Q低温や高温の環境下で使用できるグリーンレーザーはありますか?

■Q)丸や線などの点以外の表示が出来るレーザーポインター はありますか?

■Q)レッドとグリーンの2波長が出るレーザーポインターはありますか?

■Q)手振れ防止機能付きのレーザーポインターはありますか?

■Q)乾電池以外のAC電源タイプ、充電池が使用できるタイプ、USBタイプのレーザーポインターはありますか?

■Q)CW照射ではなくパルス照射が出来るレーザーポインター50mwはありますか?

■Q)フラッシュメモリー付きの50000mW緑色レーザー懐中電灯はありますか?

■Q)電池消耗インジケーターの付いているレーザーポインターはありますか?

緑色レーザー超強力

レーザーは普通の光より高出力な為、有用な反面、使い方を誤ると大変危険です。
実際、東京都の”くらしの安全情報サイト”には下記の様な事故事例の掲載があります。

■電車の中で最強レーザーポインターの光を目に当てられた子供が傷を負った・・・(2000年12月)
■「網膜がやけど状態になり、1年後も視野に後遺症が残っている」「視力が低下した」・・・(2000年11月)
■「友人にレーザーポインターを眼に当てられた被害者が、翌日激しい痛みを訴え病院で治療した」・・・(1998年11月)

また本件を取り締まる消安法の基準に不適合な製品を販売していた大手量販店の、回収・返金に関する記事の掲載もあります。

他には国民生活センターの”くらしの危険”の該当ページには、レーザーポインターの事故によって下記の様な症状が目に起きてしまうとの事です。

(1)まぶしく、残像が残って一時的に視力を失う
(2)網膜が損傷する
(3)痛みがあって視神経が破壊される

網膜は再生できないので、その後のその人の一生を左右してしまう事になってしまいます・・・

では、どうしたらレーザーポインターの事故を防げるのでしょうか・・・?

簡単に言うと、きちんと管理され、厳しい基準に適合したレーザーポインターを購入し、使用すれば”ほとんどの事故”は防げます。
適合したレーザーポインターの出力であれば、たまたま一瞬だけ目に入ってしまったとしても、目の自らの瞬きなどの嫌悪反応によって保護が出来るレベルだからです。

しかし幾ら適合した超強力レーザーポインター 200mwでも、刃物の管理と同じで、故意に人を傷つけようとする”事件”は防げません。
適合したレーザーポインターでも、わざと近距離で且つ長時間照射をし続けると網膜に損傷を与える危険性がありえます。

いづれにせよ使用者は、使用法に注意をする必要があると言う事を忘れてはいけません。

工事現場、天体用レーザーポインター 緑色レーザー超強力

強力レーザーポインター 通販

Le 4 mars 2015, 03:58 dans Humeurs 0

CSIに:マイアミエピソード、レーザーポインター 高出力を約2マイル離れたパイロットの目を傷つけることで平面を倒さ。これは可能でしょうか?
CSI:マイアミシナリオはもっともらしいではない。ショーのような法的、既製のレーザポインタは、5ミリワットの最大パワーを有する。このレーザーからの光は、約2.2マイルのうち、パイロットに気晴らしである。しかし、光レベルがグレア、または(特に)の目の怪我をベイリング引き起こさない。 CSIのための生産者や研究者:マイアミは、この場合には劇的な自由をたくさん取った! (エピソードは最初の3月7日、2005年放映、「マネー面」である)

しかし、レーザーポインタは危険が生じる可能性があることを一般的な考え方について知らさ公共を取得するために良いです。あなたが航空機またはその付近にレーザーを目的とすることはありません理由です。
夜空に安全で合法使用
航空機は、星のように見ることができます。夜空の星を指摘するための最良の方法は何ですか?
動きの遅いが、遠く離れた航空機は、星のように見えることができます。あなたは「スタートーク」を指して天文学を行っている場合、不明またはかすかな物体を円にレーザーポインターを使用しています。あなたはそれが星であることがはっきりしない場合、それらを直接向けないでください(すなわち、オリオンのベルトや北斗七星ハンドル)。スターポイントするアプリケーションの詳細については、このページを参照してください。
米国では、航空機の飛行経路を目指すことは違法です。ちょうど約どこでも空に飛行経路があり​​得ることを考えると、これは法律上のレーザーの使用に問題あり?
2012年2月にオバマ大統領が署名した米国の法律は、故意に航空機で、またはそのような航空機の飛行経路での強力レーザーポインター 通販ビームを目指して、それが違法になります。

500mw緑色レーザー

幸いなアマチュア天文学者またはその他の合法的な屋外のユーザーのために、次のような理由から、検察官によって呼び出さ飛行経路句を持っていることのほとんどチャンスがあります:

裁判のために持っている場合は、誰かが意図的に航空機を目的としたものです。航空機の誰かがビームが近く、または航空機に来るのを見た。次いで、これらのいずれか警察呼ばれる、またはそれらが警察た。

例えば、緑レーザーポインターが航空機を追跡している - ほとんどの起訴の場合、関係する複数のビームイルミネーションがあります。任意の単一の照明事件が同定または起訴されることは非常にまれです。

通常、起訴者等、役員を逮捕と敵対さ、ギャングにある、そのような犯罪歴などの反社会的特性のいくつかの並べ替えを持って

主張または実際の天文学の使用を伴うわずか数訴追のケースがあります。

抽象的な意味では、空の任意の格安レーザーポインタービームは、おそらくいくつかの航空機の飛行経路に触れている。しかし、これは安全性の専門家、または検察が裁判に持って来るケースの種類を心配ケースのタイプではなかった。

高出力レーザーポインター 緑 販売

Le 28 février 2015, 01:56 dans Humeurs 0


レーザーポインター グリーン

808nmの赤外レーザの非線形結晶の励起波長は、1064nmの赤外光を生成するため、その後、532nmの緑色の周波数逓倍は、固体レーザである。
いくつかのレーザーポインター緑 は冷却し、バッテリ寿命を延長する問題を軽減するために、パルスまたは準連続モードで動作する。
発表した不要な高調波の緑色レーザーは、より高い効率を有する。
夜間でも、原因の大気分子に低消費電力のグリーンレイリー散乱も、このレーザーポインター 強力は、多くの場合、星や星座ポインティング天文学愛好家のために使用されていることがわかります。レーザーポインター グリーンは、出力電力の様々な構造を有することができる。 5mWの最も安全な、とも暗い照明で見つけることができますので、より多くの電力を指し目指すする必要はありませんを使用する。

 

3000mw緑色レーザー
黄色 レーザーポインター

市場で593.5nmの高出力レーザーポインター 緑 販売の黄色の光波長登場。非線形結晶を添加することにより得られた二つのレーザビームによって1064および1342nmの波長を有するベースDPSS技術。モードホッピングが起こるのだろう高すぎたり低すぎたりした場合、1-10mWにおける出力電力の温度変化で、黄色のレーザーポインターが不安定と非効率的な作りの複雑なプロセス。レーザーポインターのサイズが所望の温度安定性を提供し、部品を冷却しないで得られるためである。また、パルスモードで593.5nmレーザーポインター作業のほとんどは、より小さいサイズおよび電力ポンプダイオードを使用する。

 

レッドレーザーポインター

レーザダイオードの波長を生成するので、最も簡単な構造のため、本質的にバッテリ電力ダイオードから作られる。激安レーザーポインターは、最初に1980年代に登場し、かさばる機器は価値が数百ドルであり、小型で非常に安い。近年、671nmダイオード励起固体レーザ(DPSS)赤色レーザーポインタの波長があった。なお、この波長は、安価なダイオードを得ることができるが、DPSS技術はより高品質、より狭帯域のレーザーを生成することができる。

3000mw緑色レーザー

ブルーレーザーポインター

当初は唯一のDPSSの473nmの青色天体観測レーザーポインターによって生産、電力は低く、不安定である。 CASIOは1000MW(第4のクラス)にわたって高輝度光源プロジェクター、混合電源含ま青色レーザダイオード(445nm)を開発した青色半導体ダイオードは、大量生産と人気がある。
パープル レーザーポインター

波長405nmの青紫色高出力レーザーポインターダイオードは紫外域、低視認性に近い半導体レーザであるが、紙幣と試験化学物質の役割と、蛍光を刺激することができる。

 

Voir la suite ≫